【お食い初め(別名:百日祝い)】生後100日目| 用意するもの・祝い膳の料理は何がいい?

お食い初め(おくいぞめ)では「一生食べ物に困らない生活ができますように」という願いと歯が生えるほど成長したことを喜んで赤ちゃんに初めて食べ物を食べさせるマネをさせます。

お食い初めの別名

「箸初め」「箸祝い」などと呼ばれるほか、始めて魚を食べさせることから「真魚始め(まなはじめ)、100日に行われることから「百日祝い(ももかいわい)」とも言われます。

お食い初めはいつ?数え方は?

生後100日め頃に行うことが多いのですが、100日~120日めの間、生後3~4ヶ月めに行います。赤ちゃんやママの体調、パパの都合、両家の両親の都合などを確認して決めましょう。
数え方ですがお祝い事のお七夜やお宮参りと同じく、赤ちゃんが生まれた日を1日目として数えます。現代の数え方ですとと99日めになります。

お食い初めのやり方

「一生食べ物に困らずに生活できますように」というところから、食べ物と食器、歯固めの石を用意します。歯固めの石は小石を用意することが多いようです。縁起をかつぎ奇数個、1~5個をめやすに神社の境内の石を使ったり河原で拾ったり(綺麗に洗ってくださいね)、最近ではネット通販でも販売されています。
正式には祝い膳として漆の器で柳の白木の箸を用意します。
料理は祝い膳として一汁三菜が基本です。

祝い膳の献立

献立は、赤飯・尾頭付きの魚(鯛が主流)・お吸い物・煮物・香の物(お漬物)・「歯固めの儀」用の小石です。
食べさせる順番 ①ご飯→②吸い物→③ご飯→④魚→⑤ご飯
この順番で3回食べさせる真似を繰り返します。
食べさせる前か後に「歯固めの儀」を行う場合もあります。

「歯固めの儀」

お箸で小石に触れ、そのお箸を赤ちゃんの歯(歯茎)に触れさせます。また小石を箸で赤ちゃんに噛ませる真似をする場合もあるようです。その際には「丈夫な歯が生えますように」と願いを込めましょう。

自宅で両祖父母・両親・赤ちゃんで行うことが多いですが、レストラン・ホテルで行う人もいます。

▼おすすめのお食い初めセットはこちらです▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です