【生後0ヶ月】ベビー服選び|肌着の種類、選ぶポイントは?

 

ベビー服は、小さくてかわいいデザインが多く、見ているだけで楽しくワクワクした気分になりますよね。しかし、色々な名前や種類があって、何を何枚揃えたらいいのか、どのように着せたらいいのか、、、と困ってしまうママも多いのではないでしょうか。これから、ベビー服の種類や選び方、着せ方、必要な枚数などをご紹介しますので、参考にして、上手に赤ちゃんのベビー服を選んでみましょう。

肌着の種類

ベビー服とは赤ちゃんに着せる服のことで、大きく2種類にわけられ、一番下に身に着ける「肌着」と、その上に着る「ウェア」があります。

肌着は暑さや寒さの調節をしてくれ、汗を吸い取ってくれます。綿100%で、吸湿性・通気性のよいフライスや天竺、ガーゼの素材がおすすめです。縫製も肌に触れた時どうかなどをチェックしましょう。また、半袖や長袖、ノースリーブ、五分丈と袖丈も色々ですので、赤ちゃんの成長や季節にあわせて選びましょう。

短肌着(新生児期)

短肌着は新生児の赤ちゃんに着せる着丈の短い基本の肌着です。赤ちゃんの身体にフィットし汗を吸い取るように、ガーゼ素材や綿100%など肌触りの良い素材でできています。デリケートな赤ちゃんの肌に縫い目が当たらないように、外縫いの作りになっています。襟ぐりがパイピングされていたり、タグが外側に付いているのも特徴です。

また、股下があいているのでおむつ替えがしやすくなっています。赤ちゃんが活発に動いてもはだけないようあわせが深いものや、寝かせたまま着脱ができ、成長に対応できるように紐で結ぶタイプがおすすめです。

サイズは「50cm」または「50-60cm」と販売されている場合がほとんどなので、個人差はありますが首がすわり、足の動きが多くなる生後3ヶ月頃まで着せることが多いようです。季節を問わず着せるので3~5枚は準備しましょう。そのうちの何枚かは、生後すぐに着ても大きすぎない「50cm」を選んでもよいですね。

暑い季節は、家の中なら短肌着とオムツだけで十分なこともあります。。肌寒い季節でも、部屋が暖かければ短肌着に長肌着など丈の長い服を着せて過ごせます。また、袖の長さにより「ノースリーブ」「半袖」「長袖」がありますので、季節や天候、上に着るウェアにあわせて短肌着の袖の長さを選びましょう。色は定番の白無地が人気ですが、色無地、かわいい柄もあります。

長肌着(新生児期)

長肌着は短肌着の丈を足の先まで長くした着物型で、足の動きが少なくおむつ替えの回数の多い新生児期向きです。短肌着と同じく、デリケートな赤ちゃんの肌にやさしい綿100%の素材や縫い目・タグが外縫いの商品が多いようです。

動いてもはだけにくい合わせが深いものや成長によりサイズ調整が出来る紐で結ぶタイプがおすすめです。長肌着は短肌着の上に重ねて着ますが、夏は短肌着だけで十分ですし、よく動くようになると裾がはだけてしまうため、股の部分にスナップボタンがついているコンビ肌着を着るようになります。そのため長肌着を着る期間は、季節にもよりますが、生後1ヶ月ほどの新生児期なります。準備する枚数は2~3枚でいいでしょう。

コンビ肌着(新生児期及び2.3ヶ月~)

コンビ肌着は、長肌着のすそが二股に分かれたタイプで、すその内側はスナップ留めして、足を動かしても、抱っこしてもはだけません。生まれたばかりの赤ちゃんのM字足に沿うラインになっていて、ボタンを開けていると長肌着のようなドレス調で、閉じるとカバーオールのような形で使えます。足の動きが活発になってきてからはボタンを閉じて使うのがおすすめです。

長肌着と同じく短肌着の上に着て、汗取りや体温調節をします。また、ウエアのツーウェイオールやかバーオールの下に着るという重ね方もできます。新生児期から半年頃までと長く使える肌着ですので、3~5枚は準備しましょう。

ボディ肌着(ボディスーツ)

ボディー肌着は股下部分がスナップボタンで留められるようになっている肌着です。体にほどよくフィットし、お腹がでてしまう心配がありません。オムツ替えも、スナップボタンを開け閉めして簡単に出来ます。汗を吸い取り通気性が良いようになっているので、赤ちゃんの肌にも優しく、汗取りの役割もしてくれます。半袖・長袖があり、季節により選び、他の肌着やウエアと組み合わせてきることができます。

打ち合わせタイプ

着物のように紐で結ぶので、お腹にかかる生地が二重になり、お腹の保温効果があり冷えを防いでくれます。また紐の結び方で成長に対応でき、うつぶせになっても痛くなく、肌の弱い赤ちゃんに適しています。首が座らないねんねの赤ちゃんでも簡単に着せ替えできるので低月齢(新生児期~3ヶ月くらい)の赤ちゃんにおすすめです。

前開きタイプ

前中央にスナップがついているので赤ちゃんの体をあまり動かさないで、簡単に着せ替えができ便利です。コンビ肌着を卒業したら使用することがおおいです。寝返りやお座りができない赤ちゃんにおすすめです。スナップボタンが肌に触れますので、少し肌が強くなる3ヶ月頃~1歳くらいまで着せられます。

かぶりタイプ

Tシャツのように頭からかぶって着るタイプで、首がすわったり、おすわりができる6ヶ月くらいからが着せやすいです。肩口が大きく開くタイプと片方の肩にスナップボタンがあり開くタイプがあります。上下がつながっているのでお腹がでて冷えてしまうことを防ぐので、歩きだし動作が活発になる2歳ころまで着せられます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です